top of page
  • 宣伝応援課

サブカルマーケティングのすすめ



サブカルチャーを理解する!

サブカルチャーをビジネスに取り込むためには、サブカル文化の背景、価値観、ターゲット行動パターンを理解することが重要かつ導入部分となります。

サブカル文化の理解で、ターゲットとなるコミュニティ(マンガ、アニメ、特撮、アニソン、コスプレ、痛車、同人誌、同人音楽等)に対する最適なメッセージや販促内容を構築することができます。


サブカルチャーのターゲットを想定する!

サブカルチャーのコミュニティは、マンガ、アニメ、特撮、アニソン、コスプレ、

痛車、同人誌、同人音楽等など様々です。それらは特定の価値観や興味を共有する人々(ヲタク)で構成されています。

これらのヲタクをターゲットの生活感と消費行動を理解することで、訴求内容を絞り込め、効果的なマーケティングを展開することができます。


サブカルチャーの広告利用を考える!

上記のサブカル文化の理解やターゲットの想定によりサブカルチャーの要素を広告に取り入れることが出来ます、サブカル文化それぞれのターゲットとなるコミュニティに対する共感や葛藤、崇拝等の感情を生み出すことで消費への

心の動きを掴み取る必要があります。これにより、広告の効果の向上を促進し認知度アップや共感マーケティングへと進んでいけます。


サブカルチャーの販促利用を促進!

サブカルチャーの要素を商品やサービスの販促に取り入れることで、ターゲットとなるヲタク層の関心を引くことができます。キャラクターの活用や声優、二次創作などターゲットが反応する素材を駆使してお得意様囲い込み販促や新規顧客獲得販促など

様々な販促企画を立案、実行し新たな売上確保の効果を期待します。


サブカルチャーのイベント活用を!

α・Z世代やヲタク層に向けてのサブカルイベントの実施は新たな集客や売上確保、さらには企業イメージの増幅を促進します。

さらには企業とターゲットとの接点を増やすことができます。これにより、ブランドの認知度と信頼性が向上し新たな売上創造ができます。


サブカルチャーの未来を考えていく!

サブカルチャーは常に進化し続けています。そのため、その動向を見つめ続け、新たなサブカルチャーの出現に対応することが重要です。これにより、ターゲット層と長期的なマーケティング戦略を展開することができます。

SNSでの発信材料にサブカル文化を取り込めば企業のイメージの増幅と認知の向上を確保出来、新たな売上獲得へと販促企画が生まれてきます。


これらの項目を踏まえ、自社のサブカルチャーを取り込んだマーケティングを推進していくことで、α・Z世代やヲタク層に向けての自社ブランドの認知度と信頼性を高めることができます。また、α・Z世代やヲタク層のコミュニティとの強固な関係性を築くことができます。これらは、長期的なビジネス成功に寄与するのです。


宣伝応援課ではサブカルマーケティングを御社のビジネスに取り組む提案をさせていただいております。

サブカルマーケティング支援にご興味やご依頼があれば連絡ください。

お待ちしております。



閲覧数:60回0件のコメント

コメント


bottom of page